がんの制圧を目指す 早期発見と免疫細胞治療

クリニックについて

平成6年の開院以来、内科診療、放射線科診療を行ってきました。今、3人に1人はがんにかかる時代になりました。当院では、がんの早期発見を目的とした消化管内視鏡(腸・大腸)、超音波検査X線撮影によるがん検診を行っております。さらに、あらゆる種類、ステージのがんを対象とした免疫細胞治療を行っております。

院長あいさつ

私は新潟大学放射線科および関連病院でがん検診、画像診断に携わってきました。現在も健康診断で撮影された、胃、胸部、乳腺(マンモグラフィー)の読影を行っています。画像診断を通していろいろながんの診療を見てきました。がんに関わることについてのご相談があれば気軽においでください。

秋田内科放射線科クリニック
院長 秋田眞一

▲このページの先頭に戻る